琴平神社ことひらじんじゃ

 

別名・俗称

こんぴらさま

法人格/旧社格

法人/無格社

鎮座地

茨城県土浦市中央1-12-5[Google Mapで表示する]

境内地

62.8坪 (境外地)50坪

御祭神

おおものぬしのみこと
大物主命

御由緒

明和2年、四国金比羅宮より分霊。現存する記録によると、安永4年、土浦城下中城町不動院境内に社殿を建立、発起人は、笹屋七郎兵衛 箱屋市郎兵衛 泉屋茂兵衛等百数十名であった。文化8年 鳥居再建、天保11年 手洗石建造、慶応2年 御神燈・唐獅子各1対の奉納があったこと等も記録に残っている。明治22年には敷石及び旗立石等が寄進され、寄進人員は6千余名に及んだ。大正2年、町内秋葉・稲荷五社を合祀、昭和10年、社務所を建設した。昭和27年8月15日、宗教法人設立。
 主管者は土浦の社家・中條氏で、代々世襲して来た。過去帳および一筆帳類は水害で流失し、残存していない。

施設

本殿 流造銅板葺0.5坪
拝殿 瓦葺4.6坪
鳥居 1基
手洗 1基
灯籠 4基
唐獅子 1対

写真