八坂神社やさかじんじゃ

 

別名・俗称

菅谷神社

法人格/旧社格

法人/村社

鎮座地

茨城県土浦市菅谷町1307[Google Mapで表示する]

境内地

480.1坪

御祭神

すさのおのみこと
素盞嗚命

特殊神事

維新より7月27・28日を例祭と定め、神輿鶴沼へ渡御し、氏子内巡行の神事がある。

御由緒

鎮座地は天慶2年藤原忠文が平将門を追討したとき、ここに神籬をたて戦勝を祈願した処で、後年一祠を建て菅谷左衛門が武運長久の守護神として敬祭した。応永2年6月創建。元文元年再建。神輿は徳万寺開山宥伝の求めるものとある。勝誉記に依れば、正徳2年5月遷座、神祇管領吉田兼政伝宜神階正一位。明治15年4月村社に列格。大正2年2月24日(第95号)供進指定。昭和27年10月24日宗教法人設立。平成元年7月本殿屋根を銅板葺に改修、幣殿・拝殿改築。平成3年6月境内神社鹿島、天神、子安神社改築。

施設

本殿 流造銅板葺1坪
幣殿 銅板葺2坪
拝殿 銅板葺6坪
玉垣 木造銅板葺11間
明神鳥居 1基
木造鳥居 3基
灯篭 1対(天明2年11月)
灯篭 1対(平成元年9月、宮島実、萩原茂、宮島秋男、浅野利一、野口五郎、須藤富雄、野口良明)

写真