八幡神社はちまんじんじゃ

 

別名・俗称

若宮八幡宮、八幡様

法人格/旧社格

法人/無格社

鎮座地

茨城県石岡市石岡262[Google Mapで表示する]

境内地

187.05坪

御祭神

ほむだわけのみこと
誉田別命

御由緒

神体 幣、鏡。神亀5年9月の創建。石岡若松町一帯の崇敬者。永保2年八幡太郎源義家が奥羽安倍貞任、清原武則追討の為下向の際、当社に朝敵退散の祈願をし、嚆矢を奉献したと伝えられる。応永2年太田道灌下向の節にも戦勝を祈願した。天正18年兵火のため本殿拝殿焼失。慶長7年再建。寛文5年領主松平伊勢守が本殿拝殿を修造し、応神天皇の御神影を寄進。

施設

本殿・拝殿 権現造瓦葺7坪
随神門 鳥居1基
手水舎
社名碑
石灯籠 7基
石碑 2基

写真