香取神社かとりじんじゃ

 

法人格/旧社格

法人/村社

鎮座地

茨城県石岡市東大橋1561[Google Mapで表示する]

境内地

660坪

御神木

杉 幹周一丈四尺三寸、樹齢四百年余。他の杉は元禄年間の植樹と伝う。

御祭神

ふつぬしのみこと
経津主命

配祀

たけみかづちのみこと
武甕槌命
たかおかみのかみ
高龗神
うかのみたまのみこと
倉稲魂命
ほむだわけのみこと
誉田別命

特殊神事

例祭 旧9月9日
例祭には神主自ら酒を造り、大海老十二尾を献饌する。

元旦祭 1月1日
節分祭 2月節分の日
境内稲荷神社例祭 旧2月15日
新穀祭 11月二23日

御由緒

神体 幣。
承和二年十一月創建(口碑)。
慶長年中祀職宅兵火によって全焼。旧記その他一切を失う。嘉永七年十一月造営(棟札)。
明治十五年六月村社に列格。
昭和三年二月屋根銅版葺き替え及び玉垣改修。同二十七年十一月十日宗教法人設立。同四十七年四月拝殿屋根特殊鉄板葺き替え。

施設

本殿 流造銅版葺方1間
幣殿 間口2間奥行1.5間3坪
拝殿 特殊鉄板葺間口三間半奥行2.5間
灯篭 (文政十一年二月、当村小吹徳左ェ門)同(昭和十一年八月、凱旋の際東大橋籾上、元陸軍中将川並密)
明神鳥居 二基
本殿屋根葺き替え、玉垣新築寄付連名碑
篆額 「敬神」昭和三年、官幣大社鹿島神宮宮司正六位岡泰雄謹書  御嶽山三社大権現 文久二壬戌年、同行大橋村講中

写真

拝殿
境内