虫掛神社むしかけじんじゃ

 

別名・俗称

鵜の宮社

法人格/旧社格

法人/村社

鎮座地

茨城県土浦市虫掛町247[Google Mapで表示する]

境内地

203.11坪

御祭神

うがやふきあえずのみこと
鵜萱草葺不合尊

御由緒

創立年代不詳。言い伝えによれば、天慶の乱の折、平兼盛敗走してこの社の薮にかくれて危難を免れたという。旧記に宝暦6年再建とある。明治15年4月村社に列格。大正元年12月、字内稲荷神社、同境内社を合併して、鵜宮を現社名に改称した。大正2年3月27日(第164号)供進指定。昭和27年8月15日宗教法人設立。安産の神として崇敬され、鏡餅を奉納して祈願する。

施設

本殿 流造銅板葺1坪
拝殿 8坪
幣殿 3坪
島木鳥居 1基

写真