鹿島神社かしまじんじゃ

 

法人格/旧社格

法人/村社

鎮座地

茨城県土浦市右籾1897[Google Mapで表示する]

境内地

859.15坪

御祭神

たけみかづちのみこと
武甕槌命

配祀

とようけひめのみこと
豊宇気比売命

御由緒

天慶元年4月当所の家毎に病人が続出、非常に苦しんだ。農事もできない有様で、長百姓右籾二郎志多里字馬場の原に里人を集め、天地神明に熱禱を捧げること7日間、満願の日、人々疲れて眠っていた。その暁方、右籾二郎に饒速日神の霊告があったので、早速鹿島に詣り、参籠して熱心に祈願し、権之丞禰宜に依頼し、御分霊を捧持し同道して帰村し、家毎に修祓したところ忽ち御神威赫々、全村健康をとりもどした。里人相議り、翌2年9月9日社殿を竣功させ遷宮式を厳修した。文暦元年正月再建、天正元年2月2日修営。明治15年4月15日村社に列格、同43年12月当所内無格社稲荷神社を合併、大正2年10月16日(第479号)供進指定。昭和24年2月1日火災のため社殿焼失、同26年6月5日再建遷宮、同27年10月6日宗教法人設立。

施設

本殿 流造トタン葺1坪
木造鳥居 1基

写真