住吉三神すみよしさんじん

 

伊邪那岐命が黄泉(よみ)の国(死の国)から戻って禊ぎをされた折、水底で滌がれた時に底筒男命、中程で滌がれた時に中筒男命、水の上で滌がれた時に上筒男命がそれぞれ化生された。古事記ではこの三神を「住吉(すみのえ)の三前の大神」とし、住吉三神の名で尊崇されている。本来航海・漁業の守護神であられたが、中古以後は農耕の神、和歌・文芸の神としても信仰を集めた。

名前の一覧

表(上)筒男命うわつつのおのみこと
住吉三神すみよしさんじん
底筒男命そこつつのおのみこと
中筒男命なかつつのおのみこと

この御祭神を祀る神社

中筒男命鹿島神社茨城県土浦市沖宿町2294
底筒男命鹿島神社茨城県土浦市沖宿町2294
表(上)筒男命鹿島神社茨城県土浦市沖宿町2294
中筒男命息栖神社茨城県石岡市川又1274
底筒男命息栖神社茨城県石岡市川又1274
表(上)筒男命息栖神社茨城県石岡市川又1274

縁戚関係にある御祭神

御親神

いざなぎのみこと
伊邪那岐命
禊ぎをされた折りに出生

兄弟神・姉妹神

あまてらすおおみかみ
天照大御神
 
おおやまつみのみこと
大山祇命
 
かぐつちのみこと
軻遇突知命
 
くまのはやたまおおかみ
熊野速玉大神
 
すさのおのみこと
素盞嗚命
 
たけみかづちのみこと
武甕槌命
 
つきたつふなどのおおかみ
衝立船戸大神
 

御子神