面足尊おもだるのみこと

 

淤母陀琉神(古事記)とも書く。天地開闢の最初に現れた神代七世の神のうちの一柱で、大地の表面が不足するところなく具わったことを意味する神名である。また、「面足」の御名から「足」の神様とする信仰があり、足病消除の御利益があると信じられている。更に「足」との関わりから、近年は交通安全の神としても尊ばれている。この神は神代七代の第六番目に当たるため、仏教・修験道で信奉した第六天に擬せられ、「第六天王さま」として修験者により信仰が広められた。「第六天神社」「面足神社」の名の神社が各地にある。

名前の一覧

淤母陀琉神おもだるのかみ
面足尊おもだるのみこと

この御祭神を祀る神社

面足尊足尾神社茨城県石岡市小屋1

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神