惶根尊かしこねのみこと

 

神代七代の神のうちの一柱。いよいよ大地が成り立って、それを「あやにかしこし」と美称したところから名付けられた女神。面足尊と対になる神で、大地・身体、すべてを完全に保全する霊力を備えられる神である。

名前の一覧

惶根尊かしこねのみこと

この御祭神を祀る神社

惶根尊足尾神社茨城県石岡市小屋1

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神