神皇産霊命かみむすびのみこと

 

天空にある高天原にはじめて出現された「造化三神」のうちの一柱。「むす」は「苔むす」などと用いる語で、「生成」を意味する。「び」は「日」「火」で、すべての根源の神である。

名前の一覧

神皇産霊命かみむすびのみこと

この御祭神を祀る神社

神皇産霊命太宮神社茨城県かすみがうら市安食1071

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神

すくなひこなのみこと
少彦名命