国常立尊くにのとこたちのみこと

 

神代七代の第一の神。「常」には「常盤」の意があり、永遠に国土に留まってこの世を守り給う神である。天地が開け、国土誕生の最初の神であるところから、創業・事始めの神としても信仰されている。

名前の一覧

国常立尊くにのとこたちのみこと

この御祭神を祀る神社

国常立尊佐志能神社茨城県石岡市染谷1856
国常立尊太宮神社茨城県かすみがうら市安食1071
国常立尊足尾神社茨城県石岡市小屋1

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神