猿田彦命さるたひこのみこと

 

天孫瓊瓊杵命が豊葦原中津国に降臨した時に道案内したのがこの神である。日本書紀によると、背の高さ七尺あまり、鼻高く口尻赫く、眼はほおづきのように輝いていたという。祭礼の時、神輿の先導に立つ天狗はこの猿田彦神の象徴である。道案内の故事から、この神は道開きの神として交通安全、海路・国土の守護神としての信仰が厚く、庚申信仰の対象神ともなっている。

名前の一覧

猿田彦命さるたひこのみこと

この御祭神を祀る神社

猿田彦命鹿島神社茨城県土浦市真鍋4-3-6
猿田彦命佐志能神社茨城県石岡市染谷1856
猿田彦命鹿島神社茨城県石岡市下林1306-3

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神