菅原道真公すがわらのみちざねこう

 

(承和12〜延喜3)菅原是善の子。宇多天皇の信任を得て、藤原氏の勢力を抑えるため重用され、次帝醍醐天皇の時に左大臣に昇進したが、昌泰4年1月25日、藤原時平の中傷によって太宰権師に左遷され、配所で没した。その後、京に雷電の災厄がしばしばおこり、世人はそれを道真公の祟りとして恐れた。朝廷も火雷天神の号を下賜され、京都・北野に社を建て手厚く崇め奉ることとした。道真公は文筆に秀でていたので、文学・詩歌・学問の神として信仰され、鎌倉期には慈悲救済の神、諸道芸能の守護神とされ、現今では学業成就・合格祈願の神として広く崇められている。なお、全国の天満・天神系の神社の多くが道真公配流の日、1月25日を例祭日としているのは、公の悲嘆・憤怒を和め奉ろうとするもので、このことにも、この神の祟りをおそれる世人の気持があらわれている。

名前の一覧

菅原道真公すがわらのみちざねこう

この御祭神を祀る神社

菅原道真公赤山神社茨城県土浦市東真鍋町15-3
菅原道真公八坂神社茨城県土浦市田村町2195
菅原道真公常名神社茨城県土浦市常名町2445-1
菅原道真公高浜神社茨城県石岡市高浜865
菅原道真公七代天神社茨城県石岡市根小屋416
菅原道真公鹿島神社茨城県土浦市手野2409
菅原道真公天神社茨城県土浦市矢作町778
菅原道真公天満神社茨城県土浦市荒川沖440

縁戚関係にある御祭神

御親神

 

兄弟神・姉妹神

 

御子神