素盞嗚命すさのおのみこと

 

伊邪那岐命から化生された神で、天照大神の弟神にあたる。天照命・月読命とともに最高に貴い神として三貴神(さんきしん・みはしらのうずのみこ)と称される。素盞(すさ)は荒(すさ)ぶなどというスサで、この神が高天原におられた時には荒々しい振舞が多かったので、そのために付加された神名である。この神の所業によって天照大神が怒って天の岩戸に隠れられた話はよく知られ、その罪によりこの神は高天原を追われ、出雲国に下られる。出雲に下ってからは、人々に福祉を授ける神とされ、農耕・疫病除けの善神として神徳を発揮される。印度の祇園精舎の守護神、牛頭天皇とその事跡の上で類似の点があるので、古くから混仰され、牛頭天王すなわち素盞嗚命とする信仰がある。天王(祇園)系の神社はこの神を祀り、その祭事は夏祭りが中心で、氏神系(秋祭)と違って、出し・鋒・風流物など派手な祭であることが特徴である。神名に建・速が付くのは美称。

名前の一覧

熊野加夫呂岐奇御気野命くまぬかふろきくしみけぬのみこと
素盞嗚命すさのおのみこと
須佐男命すさのおのみこと
素戔之男命すさのおのみこと
須佐之男命すさのおのみこと
建速素戔嗚尊たけはやすさのおのみこと
建速須佐之男命たけはやすさのおのみこと
建速須佐男命たけはやすさのおのみこと
速須佐男命はやすさのおのみこと

この御祭神を祀る神社

素戔之男命八坂神社茨城県土浦市真鍋5-9-1
熊野加夫呂岐奇御気野命鹿島神社茨城県土浦市真鍋4-3-6
建速須佐男命八坂神社茨城県土浦市田村町2195
須佐之男命八坂神社茨城県土浦市上高津3317
速須佐男命八坂神社茨城県土浦市粕毛624
建速須佐之男命鹿島神社茨城県土浦市宍塚1459
素盞嗚命八坂神社茨城県土浦市菅谷町1307
素盞嗚命總社神社茨城県石岡市総社2-8-1
建速須佐之男命八坂神社茨城県かすみがうら市牛渡1744
素盞嗚命七代天神社茨城県石岡市根小屋416
素盞嗚命鹿島神社茨城県土浦市高岡2410
素盞嗚命鹿島八坂神社茨城県土浦市中貫町1929
須佐男命八坂神社茨城県土浦市手野2805

縁戚関係にある御祭神

御親神

いざなぎのみこと
伊邪那岐命
 

兄弟神・姉妹神

あまてらすおおみかみ
天照大御神
 
おおやまつみのみこと
大山祇命
 
かぐつちのみこと
軻遇突知命
 
くまのはやたまおおかみ
熊野速玉大神
 
すみよしさんじん
住吉三神
 
たけみかづちのみこと
武甕槌命
 
つきたつふなどのおおかみ
衝立船戸大神
 

御子神

うかのみたまのみこと
倉稲魂命
 
おおとしのかみ
大年神